FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/16 中国広東省深圳 “圣达菲之夜”現場音楽会 (深圳会堂)【2】 ノンビー

2006年12月22日
コンサートがはじまり最初の「あの遥か遠いところで」でのフォーメーションは日本公演のときとは違い普段の定位置で笛組みが中央にたつことはありませんでした。9曲目の香格里拉までは普段どおり、ここで一旦メンバーさんは袖に下がりスクリーンに楽坊の今まで活動してきた回想録が映し出された。2004年日本公演の最終日に家族が駆けつけてきたあの感動の対面場面や宮城君とのコラボ(これは笛の時のもの)アメリカ巡演のもの(資料館の方々の姿もちらほら)アカデミースクールでの特別レッスン風景(麗君さんに指導を受けているきんた。さんがクローズアップ)等等その他にも然然さんや狸親父さんが友情出演?(笑)。映像が終わる頃になって麗君さん登場チャルダッシュです、これはさすがにバックはカラオケでした。音がなかなか出てこないので麗君さん何度も後ろを振り向いてました。依拉拉は手拍子をしたかったのですが、すみません勇気が出せずただ聞いてるのみとなりました。会場内も全く手拍子する気配なし楽坊も物足りない様子でした。新古典主義が中国では良いのか演奏後は拍手喝さいに『好』の連発、最後の自由は勿論会場内は手拍子、しかしながら途中の8拍はたぶん私だけ(笑)終了後会場内はすぐに明るくなりアンコールはありませんでした。カーテンコールもなしで始めての海外でしたが私としては物足りなさがありました。一つ気になったのが演奏中終始周りから話し声やら携帯を掛けるやら『この人たち楽坊さんの演奏楽しんでるの?!』ってな感じでお国柄とはいいちょっとねぇ・・・。さて、演奏も終わりロビーに出るとしばらくたって楽坊さん登場、で日本なら握手券を買って握手してもらうのですが中国では誰でもOKのサイン会でこれには感動しました。それに礼物も直接渡せるのでファンにとってはこの上ない感激であります。サイン回の並びは右から麗君さん・ビンちゃん・パオちゃん・ソンメイさん・ジュエンさん・健楠さん・YYさん・テンちゃん・媛媛・クンさん・老師・レイちゃんの順でした。私がサインをしていただいたのは媛縁寺特製トレーナーとディナークルーズの時の写真にお願いしました。(今思うともっと欲を出せばよかったかなと・・・)サインをしてもらいながら一言二言話をしていただきましたが皆さんとってもいい笑顔で接してくれて夢見心地気分でした。老師も大きく手を振りながら『ハァイ!』なんて声を掛けていただき本当感動ものです、さて媛媛ですが私が前に行くと『ウンウン』てうなずき満面の笑顔でご対面です。早速、媛縁寺有志から預かった礼物や信と花束を渡し媛媛のほうから握手を求めてきました。この時ほど中国に来て本当よかったなぁって思ったのと同時に媛媛に会いに来てよかったって感じです。サイン会も終わり楽坊さんも引き上げて私達は出待ちする事にしました。(私達というのはビックパンダさん香港楽坊迷さんクレイジーキティーさんと私です)出待ち場所も楽屋裏とかではなく正面玄関です、楽坊さんの乗るバスも横付けされ間もなくして私服に着換えてやって来ました、手を振りながらバスに乗り去っていきましたがその時も手を振り続けてくれ中でも媛媛が一番手の振りが大きく答えてくれていました。媛媛嬉しかったのかな・・・。  以上でした。最後にこの場を借りてお世話になったBICPANDさん香港楽坊迷さんcrazy-kittyさん、ありがとうございました。

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。