スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的北京実録(その5)

2007年06月05日
そうこうしているうちに庄さんからフリータイム終了のコールが・・。
「はい、皆さん、次の企画に移りますので、席に戻ってください! 先ほどのボーリング大会の結果発表と賞品授与を行います!」

某師さん、Zさん、私は、殷焱さんから優勝賞品のDVDを受け取り、4人でVサインの写真を撮ってもらいました。準優勝は健楠さんチーム、3位は石娟さんチームでした。
この賞品ゲットをきっかけに、私には信じられないような幸運が巡って生きたのです。
続いての抽選会は、メンバーさんに1枚ずつ参加者のカードを引いてもらい、当たった13名は「1対13」の写真を撮ってもらえるというものです。私はくじ運悪く、これまでファンクラブの企画で何か当たったことはありませんでした。それが、なんとここで麗君さんに引き当ててもらったのです。13人の真ん中に入って写真を撮ってもらいました!!
私的サプライズはこれだけでは終わりませんでした。次はビンゴゲームです。楽坊メンバーがそれぞれ個人的に準備したプレゼントがあり、ビンゴになった人からメンバーを指定してプレゼントを受け取れる!というものです。私は過去のビンゴは全滅でした。
数字が読み上げられるたびに、隣のノンビーさんは順調にコマを空けていきましたが、私はさっぱりでした。隣にいて、このビンゴに賭けるノンビーさんの気迫が伝わってきました。
(そういえば・・私はもう2回も賞品もらったけど・・、ノンビーさんはなにも当たってないなぁ・・)
ノンビーさんは最初にリーチ宣言、その後も順調にコマを空けていき、私はまだ5コマぐらいの時に、横でダブルリーチだ、トリプルリーチだとつぶやいていました。ぽつぽつビンゴも出始め、人気のメンバーさんの賞品は出て行きます。最後の一コマが空かないノンビーさんの執念には鬼気迫るものがありまして、私は冗談でノンビーさんに言いました。
「私がもしビンゴになったら媛媛は指名しないからね。松梅さんを指名するよ^^」
半分本気ではありましたが・・
(しかし・・マズイなぁ・・・これで先にビンゴになった人が、間違って媛媛を指名しようものなら・・考えただけでも恐ろしい・・)
しかし、7人目ぐらいだったでしょうか・・?ついにノンビーさんがビンゴに!!!めでたく媛媛のプレゼントをゲット!何故か・・これで胸をなで下ろした人は私だけではないはず・・。
そして、私にも奇跡が!リーチになったばかりの私は松梅さんが回した玉で一発ツモ!!信じられない!
私は当然松梅さんのプレゼントをもらい、記念写真を撮ってもらいました。何という幸運でしょう。・・というか、なんという平和的な終わり方でしょう^^

最後に、予め注文しておいた花束贈呈となりました。私は媛媛のところに花束を持っていくと、媛媛は私に
「何か料理を食べた?」
「何も食べていない・・」
「だから痩せているのよ」
(・・・そういう問題じゃないんだけど・・こんな時に料理を食べていれば負けなのよ、それどころじゃないの・・・)

ということで、連続賞品をゲットした私は、媛媛との会話も一応出来たし、とても収穫の多い交流会となりました。
また、ノンビーさんにとってもファンクラブとしての「媛縁寺」にとっても、いい意味今後につながる交流が出来たと思っています。


                                 ☆
最後になりましたが、このような盛大な交流会を企画・運営して頂きましたNFC事務局長の庄さん、動画・静止画の撮影をいて頂いたスタッフの皆さん、ツアーでいろいろとお世話になりましたトラベル世界の齊藤さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。
(庄さんには、媛媛を私たちのテーブルに割り振ってほしかった・・などとわがままを言ってすみませんでしたm(_ _)m)

                                 完
スポンサーサイト

私的北京実録(その4)

2007年06月05日
オプションツアーが終わり、ここからは全員参加の交流会第1部です。
私たちがボーリング会場に着くと、すでに楽坊メンバー全員お揃いの特製T-シャツで集まっていました。ここで庄さんからボーリング大会のルール説明がありました。チーム分けは楽坊メンバーがそれぞれ3名分のファンの名札を引き1チーム4名、2ゲームの総合計得点で順位を決めるということになりました。商品は3位までで、優勝:NFC秘蔵未公開映像のDVD、準優勝:日本デビューアルバム記念腕時計、3位:メンバーが選んだプレゼントです。
いよいよメンバーさんによるチーム分け抽選、皆固唾をのんで見守りました。私は殷焱さんチームとなり、チームメイトは某師さん、関西組のZさんです。

私は、ボーリングは何年ぶりかも思い出せないぐらい久しぶりです。しかし、昔かなりやったことがあるので、カンを取り戻せれば何とかなるだろうと思っていました。とりあえず1投ぐらいは練習してみたいと思い投げてみました。
(なんだこれは・・全く曲がらない。ピンの近くでも滑っていく・・。おまけに、戻ってきたボールはオイルでベタベタだ・・)
続いて某師さん、さすがに安定している・・。Zさん、すごい・・安定しているうえに球筋がストライクの出やすい角度だ・・。最後に殷焱さん、あっ、ガーター・・でも2投目はいい。
3フレーム、4フレームと進むにつれて、私は殷焱さんの天性の運動神経とセンスの良さを感じ取って、驚きました。1投目で悪くても2投目できちんとボールの角度を修正してくるのです。普通握力が弱い女性はただ前方に落とすような投げ方になり、微妙な修正は出来ません。オーバーヘッドディスプレイを見ると、殷焱さんがストライクを出した5フレーム目あたりでチーム合計得点が完全に抜け出していました。私はこの時点で優勝を狙えると確信しました。とにかくZさんが安定している。某師さんも安定しているが、隣のレーンのテンちゃんに見つめられるとちょっと力が入りすぎる・・が、かなりハイレベル。私は、媛媛は目に入らないほど離れていたのでリラックス。殷焱さんもかなり乗ってきて、毎フレーム2~3回のハイタッチ!結局2ゲームトータルの得点では2位をかなり引き離しての優勝となりました・・。

                                 ☆
ボーリングでひと汗かいてホテルに戻ってきた私は、シャワーを浴びて、それからメインイベントの交流会第2部の準備を始めました。準備といっても特にあるわけではなく、預かりものを含む媛媛へのプレゼントのチェックと、カメラのバッテリー交換、メディアの確認ぐらいです。
会場となるホテルのバンケットルームに入ると中華の円卓がいくつかありました。私がウロウロしていると、先に入ったノンビーさんが呼びに来てくれました。よく見ると楽坊の生演奏の椅子が並べてあり、その右最前列にあたる席を確保してくれていました。交流会終わり間際に知ったのですが、飲み物や食べ物はバイキング方式でかなり豪華に準備されていましたが、私の知る限り食べている人は少なかったようです。

交流会第2部開会にあたって先ず庄さんの開会の挨拶があり、次に乾杯をしました。それからお待ちかねの生演奏です。
1曲目は周健楠さんと石娟さんによる『山水』
爽さんの感情移入的演奏に比較して、石娟さんはキレの良さとでも表現すればいいのでしょうか。かなりハイテクニックを見せてもらいました。
2曲目は二胡隊5名に扬琴2名は加わった『賽馬』
3曲目から全員で、曲目は不確かで申し訳ないのですが・・、『喜洋洋』
4曲目は『歩歩高』
だと思います。
演奏が終わるとメンバーさんが各テーブルに割り振られ、食事フリータイムとなりましたが、これがプレゼント手渡し可能、写真撮影可能のメインイベントで、こんなところで食事をしていたら“負け”です。皆さん思い思いにプレゼントや手紙を手に、お目当てのところに行きます。通訳さんが必ずついているので、少しぐらいなら話も出来ます。私が見た限りでは、みなさん13人分のプレゼントを用意されているようで、それなりにローテーションができていたように思いますが、中には思い入れの大きい人がいて待ち行列が出来ているところもちらほらありました。
私とノンビーさんは、出来るだけ先に他のメンバーさんのプレゼントを渡し終えて、後の時間を出来るだけ媛媛のテーブルに行こうと考え、結構強引に割り込んでプレゼントを渡して歩きました。
媛媛とその通訳さんは一番奥のテーブルで、壁を背にし、他のメンバーさんのように前後左右から攻められない位置をキープしていました。私がプレゼントを渡し終えて戻ってきたとき、媛媛はフリーだったので早速媛媛のプレゼントを持ってそのテーブルに行き、
「这是我给你的礼物」
と言いました。すると通訳さんが「礼物(リーウー)」と発音をチェック、私はもう一度リーウー、リーウーと、まるで中国語会話レッスンのようになりました。そこでプレゼントのひとつ、全力うさぎの[ネエサン]を袋から取り出して見せました。媛媛はこのうさぎは可愛くて大好きだと言いました。そして、そのストラップに書いてあった「全力恋愛中!」の文字を見て通訳のお姉さんと大笑い!
そうこうしているうちに後ろがつかえてきたので一枚写真を撮ってもらってひとまず次の人に交代しました。

しばらくして、また媛媛のテーブルが空いたので、私とノンビーさんは再び媛媛のもとへ。ノンビーさんは袋から礼物を取り出し、これと、これと、これと・・・  (おいおい、いくつ持ってきたんだよ・・(-_-)
ノンビーさんの話が終わってから、私は今度はメモを読み始めました。
「Qing wen, ni neng bu neng wo de wang ye・・・」
私が途中でつっかえていると 通訳さんがメモをのぞき込み、「请问,你能不能看我的网页里你的生日专辑?」
媛媛に聞くまもなく、
「ああ、これ見ることが出来ないのよ。エラーになるの!」
(な、なんだ・・この通訳さんは何者なんだ・・)
「ああ、笨笨さんからそう聞いていたので、CDに入れていました。ここに、日本のたくさんのファンからのメッセージが入っています!
请打开index.html文件」
「谢谢!」
媛媛はほっとしたような、うれしそうな満面の笑顔を見せました。

私的北京実録(その3)

2007年06月05日
先に私は「媛媛との中国語での会話に妙な自信を感じていました」と書きましたが、これは決して能力的にとか技術的にという意味ではありません。実は12回のレッスンで入れ替わり3人の老師に教えてもらいました。黒竜江省出身、北京出身、上海出身とそれぞれなのですが、3人とも本当に若くて美人なのです。北京出身の解老師は若き日のテレサ・テンそっくりです。ということで、中国人の若い女性と向かい合うことに慣れ、言葉は出てこなくても何とかなるだろうという度胸が身に付いてきていたのです。

                                 ☆
バスが「爱家国际收藏品交流市场」に到着すると、媛媛は外まで来て出迎えてくれました。私はよく分からないのですが、フリフリのかわいいスカートでした。私は媛媛のほうへ歩いていき、
「你好!好久不见!」
「好久不见!」
と軽く片手でハイタッチ!順調なスタートです。
庄さんと媛媛について皆ぞろぞろとエスカレータで2階に上がり、「雅翠苑」の前に行くと媛媛ママとお兄さんが出迎えてくれました。媛媛はここでママに「この人が嘟嘟弟弟よ」と紹介してくれたようで、媛媛ママは満面の笑みで手を差し出してくれました。私はしっかりと媛媛ママと握手し、媛媛ママはそして面識のあるノンビーさんとも握手しました。
次に、実質お店の運営をしている媛媛のお兄さんから日本語で挨拶がありました。私は感激していて内容の詳細は思い出せないのですが、はるばる日本から訪れてくれたお礼、孙媛さんを応援してくれているお礼、それから翡翠について、中国でも人気のある宝石で、縁起のいい宝石です。翡翠を身につけていると金運に恵まれると言われます。お父さんが昔から翡翠を収集していて、孙媛さんも私もいつも持っています。といった内容でした。日本語はすごく堪能でした!
そのあとお店の前で順番に媛媛との写真撮影です。とりあえず皆遠慮してくれるので私は1番目に媛媛との(普通の)ツーショットを撮ってもらいました。撮り終わった私は個人的にお兄さんに挨拶に行きました。お兄さんは流暢な日本語で、
「あなたのHNはよく知っています。BBSは良く見ています。あなたはすごく活躍されていますね」
「ありがとうございます。一時孙媛さんのパソコンの調子が悪く、BBSを見ることが出来ないと聞きましたが、今はどうですか?」
「今は大丈夫です」
「あとで、ここでおみやげを買いたいのですが・・」
「はい、大丈夫です」
このような会話を交わし、ふと撮影のほうに目をやると・・飛び抜けて背の高いお方が媛媛の肩に手を回し・・・ヲイヲイ(-_-)
次にノンビーさんが媛媛と腕を組んで・・・まあいいか・・、ここまで我慢してきたのだから・・。
全員ひと通り写真撮影が終わったところで庄さんから、
「孙媛さんから皆さんにプレゼントがありますから受け取ってください」
見ると翡翠のイノシシの携帯ストラップでした。これでもかなり高いだろうなぁ・・。
次に庄さんから、
「ここでおみやげを買われる方はどうぞ、ただ次のボーリング大会の時間が迫っていますので、お早くお願いします」
私は小さな濃い緑色のアクセサリーをいくつか買いました。そのひとつに紐をつけてもらっている間にトイレに行っておいたほうがいいだろうと思い、庄さんに場所を聞きました。庄さんは媛媛にトイレの場所を教えてあげて!と言ってくれました。

私は媛媛と歩いていく途中で練習した発音を聞いてもらおうと、
「我是初次来中国・・」と言ってみました。
媛媛は、んーっと考え込んでから、人差し指を立て、
「第一次?」
「あーっ、そうそう、我是第一次的中国旅行!」
もう日本語中国語ごちゃ混ぜです。媛媛は笑って、トイレはあそこよ!と指差しました。
トイレから出てくると媛媛は同じ場所で待ってくれていました。私は、今度は四声に注意しながらゆっくりと、
「我从上月开始学习汉语」
媛媛は「あはは」と笑いました。
「回头请听我的发音,好吗?」
「好!我听懂!わかります。你发音好的!」
今度は媛媛が中国語と日本語を混ぜて言いました。

いきなり大勢が買い物をしたので媛媛ママも紐をつけるのが大変なようで、ちょっと出発時間が過ぎてしまいましたが、買い物も終わり、私は媛媛に
「回头见!」
と言って再びバスに戻りました。

私的北京実録(その2)

2007年06月05日
普段から寝付きが悪いというか夜更かしの私は心配していましたが、疲れとワインの酔いもあって意外と良く眠れました。翌朝6時半に起きた私はシャワーを浴びて、持ち物の忘れ物がないかチェックしてロビーに向かい、昨夜特別にお願いして受付時間を早めてもらった両替をしました。いよいよ私にとってのメインイベント、“雅翠苑詣で”です。

                                 ☆
ホテルを出発しバスで30分程走って廖彬曲さんの美容室「和鑫创艺美容美发中心」に到着しました。お店の前ではすでにオープニングセレモニーのテープカット準備が整っていて、私たちがバスから降りると美容師さんやお店のスタッフが整列して「欢迎!欢迎!」の大合唱で迎えてくれました。テープカットが終わった後、希望者は順番でビンちゃんとのツーショットを撮ってもらいました。私も記念だからと一枚撮ってもらいましたが、ノンビーさんはグッと我慢していました。そのあと美容室の中も見せてもらい、私は初めてなので分からないのですが、行ったことのあるkさんの話ではかなり内装の感じが変わっていて、前よりも落ち着いた雰囲気の色遣いになったようです。帰り際に参加者全員にビンちゃんから、手書きで日本のファンの皆さん特別20%OFFと書かれたサイン入りのお店のカードをいただきました。

                                 ☆
再びバスに乗り込んだ私たちは、時間調整のためしばらく市内を周遊して1時間後に「油烫鸭」に到着しました。到着と同時にテンちゃんがかわいい割烹着姿でお出迎え、すでにバスの中から「かわいい!」の声が。バスから降りると庄さんから説明があり、
「ここでテンちゃんの手料理一品を含む昼食を食べてもらいますが、24席のお店に38名が押し寄せてきているので、2交代制とします。」
待ち時間も含めて時間があるので、希望者はお店の前でテンちゃんとのツーショットやパパ・ママ一緒の写真を順番に撮ってもらいます。私も、まあ記念だから^^と、テンちゃんとのツーショットを1枚パチリ!
と、ふとギャラリーの方向を見ると、ここでも強い意志でグッと我慢して、不動明王のように立ちつくすノンビーさんが・・・。

私は後組でもいいかな・・と思って外にいると、まだ席が空いているので入って下さいとの声がかかり中へ入りました。テーブルの上には普通のお弁当の大きさの容器4つが1セットとして置いてあります。内容は、
・看板料理「油烫鸭」
・青梗菜の炒め物
・牛肉・ピーマン・カリフラワーの炒め物
・特製チャーハン
です。とても全部食べきれる量ではありません。しかし、食べ残していいのです。これが中国流接待方式なので、逆にすべて食べてしまってはいけないようです。私は料理のひとつを指差し、テンちゃんに日本語で言ってみました。
「スン・ティンの手料理はこれでしょう!」
「うん!」
大当たりー!^^ここでは正解を書きませんので、皆さんも考えて下さい。

私は食べ終わり、外でたばこを一服してもう一度お店を覗くと入り口に近いテーブルで庄さんとSDスタッフの男性と佳穎さんがお弁当を食べていました。私は庄さんに通訳をしてもらい、佳穎さんに話しかけてみました。
「BLOG読んでいますよ。がんばってくださいね」
佳穎さんは満面の笑みで謝謝!と言いました。とてもチャーミングな笑顔でした。私が外へ出ようとすると佳穎さんが一緒に写真を撮りましょうと言い、庄さんに1枚撮ってもらいました。お店の外へ出てからハッと気付き、(あれ、今私のカメラで撮ったわけじゃなくて・・あれ、佳穎さんのカメラだなぁ・・!まさか・・TELndさんの二の舞に・・?!) でもまっ、いいか^^。

美味しいテンちゃんの手料理と、サービス精神旺盛なテンちゃんスマイルに大満足の参加者一同は、再びバスに乗り込みオプションツアー最後の目的地、孙媛さんの翡翠専門宝石店「雅翠苑」に向けて出発しました。

私的北京実録(その1)

2007年06月05日
原稿が来ない・・!と焦りながら、「媛媛生日特辑网页」の制作に没頭していた4月上旬、突然『公式ネットファンクラブ創立記念北京大交流会』のお知らせが飛び込んできました。
「2泊3日か・・休めそうだ」「写真撮り放題?!」「た、・・高い・・」「しかし・・聖地・雅翠苑詣でをノンビーさんに独占させていいものか・・?」私の頭の中に、一瞬にしていろんな思いが駆けめぐり、それから数日思い悩んで眠れぬ夜を過ごすことに・・;。
申し込み受付開始当日、私は振り込みを済ますと、その夜に中国語会話レッスンの入会申し込みと20回分のレッスンチケットを購入していました。はい、典型的な“ドロ縄”です。

マンツーマンレッスンの初日、私はどうなることかとドキドキしながらスクールに行くと、小さな個室に案内され、上海出身のとてもチャーミングな老師が入ってきました。
「ニイハオ、ヨンジン!」
えっ、ああ、「ニイハオ」(^^;)
「あなたの中国語レッスンの目的は何ですか?」
「えっ?!・・目的ですか・・」 (日本語も意外とうまいなぁ・・) 
「到達目標レベルです」
「目的は・・その・・北京に行って・・北京の友だちにあいさつと、最低限の意思疎通を・・」
「その北京の友人は日本語少し話せますか?」
「いえ、全く・・」
「その友人はどこで知り合ったのですか?」
「それは・・あのー、インターネットの掲示板でお友達になり・・・短信をやりとりして・・」
「中文で?」
「はい、WEB翻訳やらいろいろ使って・・、あっ、私、実は女子十二楽坊のファンクラブに入っていて、そこにメンバーも書き込みする掲示板があって、そこで知り合ったのです。それから、今度北京で交流会があって、そのメンバーと・・・」
結局私の“ドロ縄の不純な・・いや、純粋な動機”は、初日において、年轻漂亮的老师の前にすべて曝される結果になってしまいました・・;

いよいよ出発日が迫った最後のレッスンを終えました。計12回の会話レッスンでは母音と四声の発音を徹底的にチェックしてもらっただけで、語彙も増えず、まだ会話ができる段階ではありません。しかし不思議なことに、媛媛と中国語でひとことでもいいから会話しようという強い意志と、妙な自信を感じていました。交流会で間近に楽坊メンバーと向かい合った場合にどう対応するか、フリータイム2時間を無駄にしないための心構えについて北京遠征大先輩諸氏のレクチャーを受けた私は、出発当日、媛媛へのプレゼント、媛媛との会話予稿メモを持って成田空港に向かいました。
家庭の事情で最寄り駅に8:30に降ろされた私は集合時間の2時間前に成田空港に到着、ここでノンビーさん、東北からの朋友と合流、いろいろ話しながら期待に胸ふくらませ、また「雅翠苑」で媛媛と話すイメージトレーニングをしながら集合時間を待ちました。

                                 ☆
成田からのCA926便は1時間遅れで出発、着いたのは北京時間で19時近くになってしまいました。そのため、ホテルのチェックインは後回しで公式懇親会会場のカフェバー LIU(SOHO現代城6階)へ直行することになりました。ここで関空からの8名と合流、いつものオフ会のようなにぎやかな懇親会となりました。1時間ほど経ったとき、SDの王社長が登場、「日本のファンの応援と今回の交流会で北京に来てもらって感謝している」といった内容の挨拶がありました。他の仕事が入っているということで王社長は10分ほどで退席となりましたが、その後NFC事務局長、庄さんの携帯に媛媛からメッセージが入りました!内容は直接聞いていないのですが、
「日本のファンの皆さん、ようこそ北京へ。今夜の懇親会を楽しんで下さいね。」
といった内容だと思います。
「媛媛はこういう心配りがすごいよねえ」「ホンマにエエ娘やなぁ・・」
ノンビーさんとしみじみ話しておりましたが、その後聞いた話では、殷焱さんからも携帯にメッセージが入り、今交流会最大勢力の姫屋敷の皆さんは直接電話に出た人もいたようでした。ファンへのちょっとした心配りはとてもうれしいですね。

ホテルのチェックインの時間も迫ってきて楽しい懇親会もそろそろ締めに近づき、庄さんから明日のオプションツアーの時間割やサプライズ企画、注意事項の説明がありました。その一つは、
「廖彬曲さんの美容室の新装開店に合わせマスコミの取材も来ているオープニングセレモニーで、全員テープカットに参加してもらいますので、ある程度正装でお願いします。」
「えっ、正装?!そんなもの持ってきてないよ・・」
「庄さんはどんな正装で行くの?」
「いや、これよりももう少しいいTシャツで^^」
「あっ、そういうことね(笑)」
最後に庄さんからお願いが・・
「今回オプションコースでメンバーの店3カ所を廻ります。それぞれに時間はあまりかけられませんが、プレゼント手渡し、写真撮影は自由とします。ただ、女子十二楽坊は世界的にも大変尊敬されているアーティストなので、品位と節度をもった接し方をお願い致します」
「品位と節度かぁ・・」私がうなずいておりますと、隣の某師さんが分かりやすく解説してくれました。
「masaruさん、写真は撮ってもいいけど、肩抱いてツーショットとかは控えるように・・という意味ですよ」
ああそうかぁ・・、でも某師さんは自分のことを指摘されたという認識はないようだなぁ・・。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。